我が家では、私が野菜好きなので野菜中心の献立になることが多いです。
野菜の高騰が続いて、格安スーパーでさえ購入に二の足を踏んでしまうこの頃ですが、私が日ごろ、食費の節約で気をつけているポイントをまとめてみました。

私の節約術は、週一冷蔵庫空っぽデイ

私の節約術は、

  • 冷蔵庫を空っぽにする日を作る
  • 買い物は週に1回特売日にまとめ買い
  • スーパーの底値を把握しておく

です。
できるだけ無駄な買い物をして、ダメになった食べ物を捨てることがないように、
私は、全て使い切って冷蔵庫を空にする日を作っています。
こうすることで、家にある食材が把握しやすくなるので、いたんで捨てることはほとんどなくなりました。
旬の野菜や果物も食べたくなった時には、道の駅直売所も利用します。スーパーよりも安くおトクなことが多いのでおすすめです。

スポンサーリンク

買出しは、週1回まとめ買い

食費を少しでも抑えられるように、我が家では、食品の買い出しは、毎週曜日と決めています。
火曜日が特売日なので、この日に1週間分の食材をまとめ買いしているのです。どうしても足りなくなれば、その都度、必要な分だけ買い足すようにして、1週間分を3000円以内におさめています。
週に何度も買い物に行くと、家にまだ食材が残っているのに、余分な物が目に入って、つい余計なものを買ってしまいます。
こうすることで、余計な買い物がぐんと減り、買い物時間も短縮でき、一石二鳥です。

特売日は、まとめ買いする食材を決めて行き、新鮮なうちに下処理をして、すぐに食べないものは、小分けして冷凍します。
必要な量だけ小分けして冷凍保存しておけば、その都度使えるのでムダなく使い切ることができ、調理の時短にもなります。小分け冷凍したものは、1週間から1ヶ月以内に使い切るようにします。
最近は、カットした冷凍野菜が特売の目玉になることが多いです。下処理をしなくてもいいので便利です。ほうれん草、ブロッコリー、など種類も増えてきているので、よく活用しています。

まとめ買いポイント1 買出し前に1週間のメニューを考える

1週間分まとめ買いに行く前に、まず、一週間分のメニューをあらかじめノートに書き出して、買うものをリスト化します。そうすることで、スムーズに買い物が出来るし、余計なものを買わなくて済み、食費の節約につながります。
メニューを考えるときには、毎日の食卓(主に夕飯)に、

  • メイン
  • サラダ(副菜)
  • 汁物
  • ご飯

の4点が並ぶように気をつけています。
食材は、いろんなメニューに使い回しできる使い慣れた食材を選びます。買う予定の野菜が高かったときは、別の野菜に切り替えます。例えば、白菜を買う予定でも、予定より高い場合はキャベツに変更します。同じ野菜でも、直売コーナーの方が安いことが多いので、必ず見るようにします。

いちどにたくさん使いすぎないように、具だくさんの汁物のときは、おかずは少なめにして調整します。
は、単色にならないように、葉物を使って、トマトを使って、というふうに、彩りに気をつけます。
カップ麺は、添加物や栄養面が気になるし、人数分買うと割高になるので、あまり子どもたちには買わないようにしていますが、ひとりのときは、たまに手を抜いてインスタントラーメンのときもあります。そのときは、栄養面を考えて、冷蔵庫の余った野菜を炒めて載せたりしています。

まとめ買いポイント2 おすすめ食材

1週間に一度の買い物では、にんじん、玉ねぎなどの根菜やキャベツなど使い回せる野菜、お買い得のお肉や魚、保存の効く食材を購入します。食材を無駄にしないよう、すぐに食べない食材は、切り分けたり下味冷凍して、冷凍庫にストックしておくのがおすすめです。

まとめ買い食材|根菜

いろいろな料理に使えるにんじん、たまねぎ、じゃがいもは、常温保存で日持ちもする万能野菜です。まとめ買いしておけば、節約になります。

まとめ買い食材|きのこ類

きのこ類は、安売りの時にまとめて購入し冷凍保存します。

きのこ類は傷むのが早いので、冷凍した方が栄養価が高くなるので、すぐに食べない分は、ジプロックに入れて空気を抜いて冷凍します。小分けしなくても、簡単に手で割って取り出せるので便利です。

まとめ買い食材|肉類

メインのお肉やお魚は高いので、安売りの時に大きなパックで買って、小分けして冷凍します。

200グラム位ずつ小分けにして冷凍したり、ジップロックにお肉と焼肉のタレやお酒を入れて冷凍しておくと、お肉が柔らかく、

鶏むね肉は、削ぎ切りにしてお酒につけてジップロックで冷凍保存しておくと、加熱時に固くなりにくくジューシーになります。

まとめ買い食材|葉野菜

ほうれん草は、安い時期には沢山購入します。塩茹でしたあとで、使いやすい分量に小分けしてラップして冷凍します。お弁当の彩りに、おひたしや胡麻和えに必要な分だけ使えます。冷凍ほうれん草は、お味噌汁にパッと入れたりもできて便利です。

ほうれん草が高い時期は、冷凍食品を買うなど、季節によって使い分けています。

まとめ買い食材|ドリンク類

夫は、お茶や缶コーヒーを職場に持っていくため、飲料もまとめ買いしておきます。
家で少し場所を取りますが、ドラッグストアに行くと、コンビニの半額近い値段で買えるので、かなり節約になっています。

まとめ買い食材|トマトの水煮

トマト煮込みやミートソース、トマトスープには、トマト缶やパックが重宝します。ドラッグストアなどで、年中安定して安い値段で手に入ります。

まとめ買いポイント3 ポイントデイを活用

買い出しに行く日は、大手のスーパーのポイントが多くつく日や〇%オフ日も、狙い目です。
微々たる割引きやボーナスポイントも、コツコツと積み重ねるとチリツモで、大きな節約につながります。

お米やビールやジュースの箱買いをするとき、保存のきく乾燥パスタ、麺、トマト缶、などの缶詰類を買うときは、ポイントが高い日にまとめ買いします。

保存がきく乾物や缶詰などは、使ったら補填しするように常備しておくと、災害時に非常食にもなるので安心です。

特売日|イトーヨーカドー

毎月8のつく日は、ハッピーデーで、店頭で対象カード利用で5%OFFになります。
さらに、チラシ閲覧ポイントが1日1回1ポイントのところ、2倍の 2ポイントたまります。

特売日|イオン

毎月5のつく日は、お客さまわくわくデーで、ポイント2倍に、
毎月10日は、ありが10デーで、ポイントが5倍になります。
毎月20日と30日は、イオンマークのついたカードやWAONカードの利用で5%オフになります。
さらに、55歳以上の方は、毎月15日は、GG感謝デーで、5%オフになります。
どちらも電子マネー払いやカード払いが条件です。その日に合わせて特売商品も多く並ぶ印象です。当然ですが、平日でも普段より混雑していますね。

おすすめの記事