私の年齢は38歳、保育士です。
食生活でいちばん気をつけている点は栄養バランスです。現在、我が家には食べ盛りの三人の子どもがいます。成長期だからこそ特に栄養バランスをと考えています。そして、栄養バランスと同時に、常に目を光らせているのが、節約です。

スポンサーリンク

見切り品の正しい使い方

うちの近隣のスーパーは土曜日曜の朝に行くと、半額の商品がたくさん出るんです。見切り品とはいえスーパーが確認して出しているものなので、大抵大丈夫です。少しでもよさそうなものを見て、大丈夫だと思えば、購入してすぐに冷凍保存してしまいます。

安売り情報は、スーパーだけではありません。近隣の商店街にある精肉屋に、切れ端の豚肉がグラム60円で売り出す日があるんです。その日に購入し、冷凍保存しておくのです。切れ端の豚肉は野菜炒めや豚汁などに活用できるのでその分量に小分けしてラップします。さらに切れ端の60円の肉が定休日前には20パーセントオフになる情報も見逃しません。その日は必ずお店に行くようにしています。

スポンサーリンク

保育士の私が重視する栄養素を確実に摂る方法

栄養で重視する点はタンパク質です。夕食にはタンパク質のおかずを一品つけるようにしています。タンパク質は、肉、魚、豆腐から摂取するようにしています。

栄養バランスを考える上では野菜も大切です。野菜を購入する際は、値段と合わせて考えて購入します。我が家は野菜は冷凍をしないので、日持ちやメニューなどを考えます。近くに農協があるので、農家の方が売っている野菜を購入できます。スーパーで買うと198円ほどするほうれん草がなんと120円程、レタスは一玉100円程で買えます。そして、珍しいお野菜も販売しています。たとえば、菊芋というスーパーであまり見かけないものや、うまい菜という珍しい野菜もあります。どちらも100円程で安価なので、購入することもあります。

さらに、売っているのは野菜だけではありません。梨やイチゴなど、季節の果物もおトクに購入できます。イチゴは、ジャム用に安価で売られているものもあるので、安価に購入してジャムをつくることもあります。子どものいる家庭にはうれしい限りです。傷のついたリンゴ、オレンジも気にさえしなければ味は一緒です。我が家は特に気にしないので、節約として購入し、美味しくいただきます。

こうしておいて、おうちスウィーツバイキングも

子供のおやつは、一般的なお菓子を食べていますが、たまにクレープ食べ放題をします。ホットケーキミックスに卵と牛乳、片栗粉を入れて生地が沢山作れます。生クリーム、農協で買った果物、缶詰の果物をいれてクレープを作ります。クレープ屋さんで買えば1つ400円程するクレープが、家で作ると1000円以内で材料が揃い、食べ放題です。

タンパク質と野菜を安価に購入することが、結果、節約につながっています。我が家の節約は、楽しみながら無理のない節約を目指しています。お得な商品を買うと、スカッと気分も良くなったりします。ある意味、節約は私にとってストレス発散になっています。

おすすめの記事