私は37歳、夫と子どもの3人暮らしの専業主婦です。7年前の結婚してすぐの頃、私は大失敗をしてしまいました。

結婚式を終えてすぐ、結婚式の日に初めて会った夫の親族から大きな塊の豚肉が送られてきました。私たちの結婚を祝福してくださって、お肉まで送っていただけてありがたいなぁとうれしく思いました。こんな大きな塊のお肉をもらったのは初めてのことだし、しかも、その豚肉は普通の豚肉と違って「無菌豚」といって、柔らかくて脂身さえも美味しい肉だと教えてもらったので、さらにウキウキ気分になりました。
その無菌豚の塊肉を、早速、食べれる分だけ包丁で切り分けたのですが、何も考えていなかった私は、残りを丸ごと冷凍庫に入れてしまったのです。一度凍らせたら切り分けができなくなることに、全く気がついていなかったのです。

スポンサーリンク

料理教室で教えてくれなかった、というもむなしく撃沈

夕食の片付けも終わってくつろいでいる時、夫に「そういえば、お肉どうした?」と聞かれたので、「冷凍庫にそのまま入れたけど」と答えると、2人の間に微妙な空気が流れました。「普通、小分けに切ってから冷凍させるよね?」と夫に失笑されてしまいました。気がついた時は時すでに遅し。塊肉はかちこちに凍ってしまっていました。夫は料理が得意だったので、後日、その無菌豚を解凍させて、角煮に調理してくれて、美味しく頂いたからよかったのですが、冷や汗ものでした。お肉は傷んだらいけないからすぐに冷凍しなくちゃとしか思ってなくて、普段料理をしていなかったので、そのあとのことまで考え及ばずでした。夫が料理上手だったので、親族の方が気持ちを込めて送ってくれた無菌豚を無駄にせずすみ、送ってくださった親戚の方にも電話でお礼のご報告ができて一件落着、ホッとしましたが、一件で、夫には私が料理下手というか、料理の経験値がないことがバレてしまったことが、バツが悪かったです。最低限の心得は勉強しとかないとと思って、結婚前に通っていた料理教室でそんなこと教えてもらってない、と一時期本気で責める思いでしたが、食材の保存方法までは、さすがに常識レベルだったなと、正直、撃沈しました。

スポンサーリンク

学習能力のない私

小分けにして保存することが大事ってことを学んだはずなのに、今度は正月についたお餅を丸ごと冷凍しちゃうし、私は学習しない女なんだなぁってまた反省しました。アラフォーなのでしっかりしないとダメだなぉ、といちおう反省しつつ、ジップロックをこれでもかというくらいたくさん買っておいて、小分けを保存をするように心がけています。これは氷山の一角。効率の良い保存の仕方や料理の仕方がまだまだなので、心を入れ替えて勉強していこうかなと思っています。

おすすめの記事