福岡県在住
子供3人を育てるシングルマザーです。私は仕事をしつつ、小学四年生男子、小学二年生男子、小学一年生女子を育てています。

うちは母子家庭なのであまり食費をかけたくないのですが、同じものが続くと子供たちはあまり食べてくれません。私の方針としては、麺とご飯を片寄らないように出すよう心がけています。

スポンサーリンク

買い物をするときは大量買いに でもバレない使い回し術

買い物をするときは業務用スーパーで大量買いをしています。いろんな種類をたくさん買うのではなく、一品をたくさんの量買うようにしています。合挽肉を2キロとか、牛肉を2キロとか、キロ単位で買って、初日に4分の3を使い、残りを小分けにし、冷凍してその都度解凍して使うようにするのです。

ひき肉は特に便利です。最初に4分の1を冷凍します。これは、コロッケや甘辛く煮ておにぎりの具用にしたりしています。そして、残りの4分の3を早速調理します。例えば、こんな風に使います。
1日目は、玉ねぎ、ピーマン、きのこなどと炒めあわせて塩胡椒で味付けして丼もの。
2日目は、その残りにホールトマト入れて、味を整えてミートソースのパスタ。
3日目は、その残りにレンジで柔らかくして細かくしたじゃがいもを入れて、卵で巻いてオムレツ完成。トマトソースの味があるのでマヨネーズをかけて食べたりします。
4日目は、最後にあまったものに、コンソメスープとカレー粉入れて、カレーライス。
5日目は、余ったカレーをさらに煮詰めて、強力粉で練ったパン生地で包んで、揚げればカレーパン。
このように、五品もできるのです。これに味噌汁をつけたり、お新香をつけたりすれば色合いもいいしそれなりの食卓になります。
また、1日目の時に余ったものには、そのときに余っている野菜なら人参でもセロリでも、なんでも入れることができます。カサも増えてお鍋にいっぱいになります。食材をムダにすることもないし、なによりいろんな野菜が入ることで味に深みがでて美味しくなります。ひき肉は本当に便利な食材です。
この使い回しは子供たちに今のところバレていません。母子家庭にはよくあることだと思いますが、子供達に節約してるように思われず、美味しく、彩りがいいように仕上げることが私にはとても大事なことなんです。親のプライドかもしれませんが、子供たち3人から、お金がないんだな〜と気を遣わせたくないのです。

豚肉でも、鶏肉でも、同じようにその日に安いものを買って、まとめて料理して冷凍しておきます。鶏肉も便利な食材です。鶏肉はいったん湯通してからの味付けしてジップロックに入れて冷凍すればいいだけなので簡単です。鶏肉も安い胸肉で十分です。

仕事柄7時過ぎにしか帰れないので、子供達を待たせず帰ったらすぐご飯を食べさせてあげたいので、こうしておくと、15分ほどで料理が済むのでとってもラクです。そして、まとめて調理しておくと、ガス代や電気代などの光熱費の節約になっているのもうれしいです。

おすすめの記事