神奈川県在住の43歳、パート主婦です。中学2年生の娘、会社員の夫との3人暮らしをしています。

スポンサーリンク

宅配野菜と家庭菜園 家族のお弁当は安心安全にしたいから

家族全員、お昼はお弁当を持っていくので、食費はけっこうかかりますが、上手に工夫して節約するようにしています。お弁当の食材は、やはり安心安全な物を選んで食べさせたいので、宅配野菜を利用して無農薬や有機栽培の野菜を利用することにしました。
うちに小さな庭があるので、そこにミニトマトや青じそやハーブなどを植えて、家庭菜園を楽しむなど、ちょっとしたお野菜などは家庭菜園で出来るように対策するようにしました。そうすることで、野菜を最小限度の出費に抑えることができますし、買うと高いハーブも気軽に楽しむことができます。
宅配野菜を利用するようになってから、余計な出費がないので、節約できるようになりました。無駄な買い物をしなくなったことで、野菜も必要なものしか使用しませんし、工夫しながら1週間分の野菜を使い切るようにしています。やはり国産の野菜は安心感がありますし、安全な食材で調理できるのはうれしいです。また、生産者の支援にもなるため、宅配野菜を利用してよかったと実感しています。

スポンサーリンク

時短料理の冷凍保存で使いたい調味料は味噌と甘酒

お肉や魚などは、週末など時間があるときにまとめて購入して、味噌ダレに漬けて冷凍保存するなど、時短料理ができるように下味をつけてから保存するようにしています。けっこう活用しているのは甘酒です。甘酒にお肉や魚などをつけておくと、しっかり味がついて柔らかくなります。発酵食品なので体にもいいし、甘酒につけておいたお肉は甘みも引き出され、醤油や生姜を加えて焼くだけで照り焼きチキンができるなど、簡単に料理ができるうえ、なかなか満足の仕上がりになります。食材を上手に活用するだけで、レパートリーも増えて料理がさらに楽しくなります。

メニュー作りも栄養バランスを考えて工夫

1日交代でお肉、魚、お肉など栄養バランスを考えながら料理を作るようにしています。酢の物はけっこう好きなので、1品酢の物を作り出すようにしています。他は、納豆やメカブ、もずくなどネバネバ系の食材もどんどん取り入れて、健康的な栄養バランスを保てるように工夫しながら毎日メニューを仕上げていきます。メインの野菜は下準備して保管しているので、無駄なく食材を使い切ることができるし、時短にもなっています。また、お惣菜を購入しないですむので、かなり食費を抑えることができ、節約効果も実感しています。

おすすめの記事