栃木県に住む30代主婦です。現在、夫と二人暮らしです。

スポンサーリンク

宅配野菜をたのんだのはマンネリ化してしまうメニュー打破

普段から野菜はよく食卓に並ぶのですが、スーパーで野菜を買うとどうしても同じような野菜を買ってしまい、レパートリーが広がらないことが悩みでした。野菜の直売所も利用していますが、それでも毎回同じようなものを購入してしまいます。同じメニューにだんだん飽きてしまい、野菜をダメにしてしまうことが増えました。たまには違う野菜が食べたい!と思い宅配野菜を利用することにしました。

スポンサーリンク

宅配野菜を無農薬野菜の角田あおぞら農場で始めてみた

私が利用している「角田あおぞら農場」は、神奈川県秦野市にある無農薬野菜を育てている農場です。季節のお野菜をおまかせ便で送ってくれます。中に入る野菜は農場のホームページやSNSで発信されているので、家にストックがあるときは利用しない、など自分のペースで注文できます。配達日は水曜日と土曜日の2日が選べ、代金は後日振込になります。7〜10種類の野菜がセットで料金は1800円と送料です。ゆうパックで送らてきます。

土付きの無農薬野菜  近所では手に入らない抜き菜に感動

ダンボールを開けると、新聞紙に包まれたまだ土のついた野菜がぎっしり詰まっています。無農薬ですので虫食いなどがありますが、美味しい証拠ですので気にしたことはありません。
少し珍しい野菜も入っていたりしますが、「あおぞら通信」という畑の様子を伝えてくれる手紙の中に、送られてきた野菜の簡単なレシピが書いてあるため参考にしています。ズッキーニやブロッコリー、レタス、大根、ダイコン抜き菜、春菊、人参抜き菜、スナップエンドウ、ケール、カブ、ナバナ、シカクマメなど、季節ごとに旬のお野菜が食べられるのはとてもありがたいです。
特に、ダイコン、ニンジンの抜き菜は私の住んでいる地域ではあまり見かけません。ダイコンの抜き菜はふりかけ、味噌汁に調理しました。特に、ニンジン抜き菜は大好きです。こちらもふりかけで食べると美味しいと書かれていましたが、天ぷらにしてみました。ちょっと苦味があり、とても美味しかったです。揚げ物が面倒なときはニンジン抜き菜のサラダにしています。ニンジンの抜き菜をさっと1分ほど熱湯で茹でます。ざるにあけてお湯を切り、しっかり冷まして食べやすい大きさに切ります。これにマヨネーズにごま油、醤油を少し垂らしたソースを混ぜ合わせて茹でたニンジン抜き菜とあえて出来上がりです。よくクレソンを購入したときに使っていたソースですが、ニンジンの抜き菜にもぴったりでした。
そのほかにも珍しい野菜が入っており、毎回どんな料理にしようかワクワクしながら待っています。珍しい野菜だけでは調理法を考えるのに疲れてしまいますが、普段からよく食べる野菜とのバランスがちょうどいいです。普通の野菜サラダも今までより色鮮やかになりました。

おすすめの記事