[chat] 夫さんと都内でふたり暮らしをしていて現在妊娠中の24歳の専業主婦さんの体験談をご紹介します。
[/chat]
スポンサーリンク

週一日は冷蔵庫を空っぽに  上手に週一まとめ買いするための準備

私の節約術は、「無駄な食材を買わずに使い切る」「宅配サービスはスーパーより安いものを選ぶ」「量増し術を上手に使う」です。ダメになってしまったものを捨てるのはもったいないので、1週間分買ったものを、全て使い切って、冷蔵庫を空っぽにする日を作るようにしています。そして、買い物に行く日は、毎週火曜日と決めています。近くのスーパーが、火曜日が特売日で、1週間分買っても3000円程で収まるからです。
買い物に出かける前に、一週間のメニューを考えそこから必要なものを書き出します。メニューを考えるときには、毎日の食卓(主に夕飯)に、メイン・サラダ(副菜)・汁物・ご飯の4点が並ぶように気をつけています。彩りに気をつけて、色が単色にならないようにしています。とはいえ、色々作るのは難しいので、葉物を使って緑をとったり、トマトを使って赤色を取るように心がけています。そして、メニューには使い回しできる食材を選びます。大きめのお肉を買って2品作るようにしたり、メインのお肉・お魚は高いので、冷凍して2回に分けて使い回せるようにします。

スポンサーリンク

バラ売りをしているスーパーを選んで  単価が高くても無駄がない

野菜は高いので、その週に使う分を購入するようにしているので、バラ売りしているスーパーを選んでいます。袋売りだと安上がりになりそうですが、バラ売りで単価を安く済ませることで、結果、食費を抑えることができるからです。余って腐らせてしまうことがないので、私にはバラ売りの方が向いています。買ってきた大量の食材は、基本的には冷蔵保存です。でも、お肉やお魚は、消費期限が短いですから、必要な分を小分けにして冷凍にしています。野菜系は鮮度が落ちるような気がするので基本的に冷凍にはしないです。お肉が少し少ないな…と思うときには、ナスやえのきがお助け食材で、細かく刻んで量増しに使っています。量も増えるし、野菜も取れるし一石二鳥です。

日用品や飲み物こそ「生協」の宅配野菜サービス

主に日用品や飲み物は、「生協」の宅配サービスで注文しています。野菜やお肉は、スーパーの方が安いのでそちらで買っています。働いていた頃は、宅配サービスで、味付きのお肉やお料理キットを頼んでよく時短料理をしていました。今は、朝食に使うパンや、飲み物などの重たいものだけ宅配サービスを利用しています。飲み物が箱買いできるので、バラ売りよりは単価が安くすみます。また、重たいものを持って帰ってこなくていいのがとても楽です。パンも大袋で売っているので、まとめて買って冷凍しておくことで、節約につながっています。用途によって、宅配サービスとスーパーを使い分けすることで節約にも時短にもなり、とても便利です。

[blogcard url=”https://yasaidelivery.com/archives/1965″] [blogcard url=”https://yasaidelivery.com/archives/1855″]
おすすめの記事