スポンサーリンク

家計の見直しを

結婚3年目の専業主婦です。実家暮らしが長かったので、結婚当初は、スーパーの食品などの価格が高いのか安いのか、相場も分かっていませんでした。

食事は、あるもので作ると言うより、食べたいものを作るために買い物に行くという感じで、何も考えずに買い物していました。1カ月の食費を計算することもなく、お金がなくなっては夫から貰って買い物をする繰り返しでした。

いつもは安い野菜や果物が今日は高いことがあることに気が付くようになり、自分が食費でいくら使っているのかが気になるようになってきました。

私と同じ二人暮しのともだちに毎月の食費を聞いたり、ネットで調べてみると、大人2人の平均の1カ月の食費はおよそ25,000円から30,000円でした。我が家は1カ月の食費に約40,000円も使っていたので、頑張って20,000万円におさえることに決めました。

スポンサーリンク

家計のやりくり

その頃、私は保育園で働いていたので昼は給食で、夫は工事現場でお弁当が出ていたので、朝ごはんと晩ご飯のみで2万円なので1日に使えるのはおよそ660円になりました。

まず、面倒でしたが、家計簿を付け、何がいくらというのも把握でき、より一層気をつけられるようになりました。そうすると、今まで気にせず買っていたジュースやお菓子などが急にすごく高く感じ始めたのです。ジュースとお菓子だけで1日の食費が終わってしまいます。このお菓子を我慢したら野菜が買える。そう思うようになり、一気に間食もしなくなりました。買いだめはせず、毎日必要な物だけを買うように心がけ、少し食費が余った時にお菓子を買うと節約生活スタイルを楽しんでいます。

ただ、今年の冬はとても寒く、野菜が育たないというニュースが多く取り上げられていた通り、スーパーの野菜はとても高くて、2万円生活の我が家にはとても厳しかったです。2日続けて食べられるカレーが増えたり、お味噌汁の具は豆腐とおあげの物ばかりだったり…

幸い、夫はあまり食にうるさくなく食べれたらなんでもいいと言うタイプで、私もあまり食に興味がないので外食もあまりしませんが、ひもじい思いになることはなかったです。

こどもが産まれて

そんな我が家に去年子どもが生まれました。現在9ヶ月なので離乳食が始まり、野菜もたくさん買わなければならなくなりました。さすがに20,000円では収まりきらず、現在では食費を25,000円にあげてやりくりしています。もちろんお米も調味料も全て込みの金額です。

食費が底をついてしまいそうな時は、買った野菜は、子ども優先に使い、大人は大切に少しずつ使うようにしています。カレーやシチューにして、大人はうどんが続いたりになることもありますが、そんな時も栄養面が気になるので、お肉やお魚やお野菜はしっかり取っています。豆腐、もやし、こんにゃくはリーズナブルでカサ増しにもってこいなので大活躍です。

おすすめの記事