スポンサーリンク

節約生活でも栄養第一に

在宅ワーカーであまり外に出ないので、日頃から、健康によい食材には気を使うようにしています。

このところ野菜がどんどん高騰していて、正直買えない状況が多いですが、そんな時は海藻を多く食べるようにしています。海藻であれば、そんなに価格は高くはありませんし、種類も豊富です。

特に、昆布は出汁としても使えますし、出汁が出た後の昆布も細かく切って食べているので、栄養素は全部取れるんです。昆布の、あのちょっとヌルヌルとした成分はフコイダンと言ってガンを予防したり、0-157にも効果があると聞いたので、率先的に食べるようにしています。

さらに、昆布はむくみにも効くので、美容にとってもとても良いんです!昆布を多く食べるようになってからは、少しぐらい徹夜しても翌朝に顔がむくむという事はなくなりました。1番お勧めな食べ方としては、毎日のお味噌汁に入れるのはもちろんですが、ご飯を炊く時にも炊飯器の中に昆布を入れるんです。ご飯にほのかに昆布の優しい香りがつきますし、少しお酒と醤油を入れることで簡単な炊き込み御飯にして食べたりしています。

それと、ワカメには生活習慣病に効果がある成分があるそうなので、よくとる海藻のひとつです。お味噌汁の具やラーメンのトッピング、もしくはサラダとしてワカメを食べる人が多いですが、もったいないです。

我が家のワカメの食べ方には、工夫があるんです。ワカメは油と相性がとってもいいので、ベーコンや玉ねぎと一緒にゴマ油でサッと炒めて食べるのです。めんつゆやラー油をかければ立派なおかずになります。

女性に多い悩みとしては、骨粗鬆症がありますよね。そういう時には海苔がとても良いんです。その時には、タンパク質やビタミンDと一緒に食べるのが良いんです。私がよく食べるのは、蒸したササミや椎茸の上に海苔の佃煮をベースにしたソースをかける事です。これだったら一度に食べる事が出来るので、とても助かってるんですよ。

栄養豊富だという事を聞いて、途端に食べるようになった海藻が、モズクです。小さいときは、モズクは、食感が苦手で避けていた海藻なんですが、お湯を注いでお吸い物みたいにすれば、苦手だったモズクの食感も気にならず、食べやすくなりました。

こんな風に、海藻の種類によって効果が違うのも、海藻の魅力です。海藻のおかげなのか、便秘も改善したし、肌の調子もいい感じです。

おすすめの記事