愛知県在住の40代の専業主婦です。夫と小学校高学年になる長男と小学校低学年の長女と4人で暮らしています。

スポンサーリンク

食費の見直しは主食から 食欲旺盛な夫と子どもたち

我が家は 夫も、子どもたちも凄く食欲旺盛なので、節約にがんばっています。まず、主食では、お米が高いので、白米、パスタ、うどんなどの麺類を飽きないように日替わりで回しています。これで、お米は1ヶ月に1度だけ購入する程度に抑えています。

スポンサーリンク

野菜は毎食摂りたいから、アプリを活用&ムダない保存

我が家の食生活は、必ず毎食野菜を取り入れています。私たち夫婦の健康も気になることと、子どもたちには野菜の好き嫌いがない大人に育って欲しいからです。しかし、最近は野菜が高いので、スーパーの広告をアプリを使ってくまなくチェックして特売日に買うようにしています。例えば 大根、キャベツ、カボチャ、人参、じゃがいも、ブロッコリー、玉ねぎなどは、100円〜150円以内になったら購入します。
買って帰ってきたら傷んでしまう前に処理します。野菜をキレイに水洗いしたら水気をしっかりと切り、料理の用途に合わせてカットをして冷凍保存してしまいます。こうしておくと、料理するときにも、鍋にそのままポンと入れるだけで済むので、忙しい日でも楽に、汁物が出来上がります。また、煮物や汁物に使ったときに野菜の旨味がしっかりとして食感も変わって美味しくなります。冷凍保存で、野菜をムダなく使い切れるし、節約にもバッチリです。安心して、家族にも毎日野菜をたくさん食べてもらえます。

野菜たっぷりの食卓に欠かせないのがカット野菜

「あ〜、今日は疲れたからご飯作りたくないな…」「野菜切るのもめんどくさいな…」と思って惣菜に頼ることも多々ありましたが、やはり、家族4人分のお弁当や惣菜を毎回買っていたら、家計を圧迫してしまいます。そこで活用しているのが、スーパーのカット野菜コーナーです。ほとんどが一袋100円前後で、しかも国産野菜を買うことができます。炒め物用や、鍋物用のカット野菜はボリュームもあります。
我が家では、週末に出掛けて疲れている日には、カット野菜丼です。カット野菜と特売の豚肉をフライパンでさっと炒めて市販の焼肉のたれで味付けをしたものを、ご飯の上にのせて、立派に丼完成です。家族4人分お腹いっぱい食べても、豚肉400グラム、カット野菜2袋、で700~800円くらいで済みます。お弁当や、惣菜を買っていた頃は3000円くらい使っていたことを考えると、かなり節約になっています。簡単だけど、お野菜たっぷりなので栄養バランスも良いと思います。ラクして節約にもなって、主婦にはうれしいメニューです。

野菜が高い時期は、少しでも安く購入してムダなく冷凍保存、カット野菜を上手く取り入れて、栄養も節約効果もバッチリおさえておきたいです。

おすすめの記事