生協と道の駅で、体にも家計にも優しい生活を

福岡県在住の40歳の主婦です。現在フルタイムで働いています。夫と子供3人の5人家族です。

生協の独自の厳しい基準で安心安全な食生活を

育ち盛りをむかえる子どもたちを持つ親として、安全かつ安心な食べものを美味しく提供してすることを心がけています。そして、身体にも家計にも優しい食生活を送るため、4年ほど前から生協を利用しています。

海外では禁止されている添加物が、日本では平気で使われてることに疑問を感じていたところ、生協は、添加物に関して厳しい基準があり、安全性の高い商品を提供している、と知人から勧められ、生協を利用するようになりました。

調味料は、なるべく化学調味料を使いたくないので、生協で買います。

生協の醤油を使い始めてから他の醤油に違和感を感じるくらい愛用品となりました。

マーガリンは、トランス脂肪酸1パーセント未満のものをずっと使っています。

また、生協の卵と牛乳も我が家には欠かせません。

また、我が家の子どもたちは皆、アトピー性皮膚炎の症状があります。アトピー性皮膚炎には腸内環境を整えることが大切だと耳にし、ヤクルトレディさんからヤクルトを購入し愛飲しています。腸内環境が改善されてきたのかはわかりませんが、少しずつ肌もキレイになり、風邪や急な熱発などで体調を崩すことも少なくなりました。

スポンサーリンク

野菜高騰の時は宅配野菜と道の駅がおすすめ

我が家は、週の食費目標は5000円でやりくりをしています。

少ない予算でやり繰りしているので、この冬の野菜の高騰はかなりまいりました。

スーパーではなるべくお手頃価格の旬の野菜を選ぶようにしていますが、直売所と比べると高くつきがちです。

近所のスーパーでは、白菜1株400円は当たり前。水菜も小松菜も高値で、大袈裟ですが、清水の舞台から飛び降りる覚悟くらいの気持ちで野菜を購入していました。

そこで、野菜をスーパーで買うのをやめ、生協と道の駅を利用しました。

生協のいいところは、スーパーに比べて値段がほぼ安定しているところです。野菜が高騰していた時も、スーパーに比べると数十円くらい安かったです。2週くらいは価格が据え置きになっていることが多いので、野菜が高いときは、生協の宅配野菜でたくさん買うようにしています。

あと、近隣に道の駅があるのでちょっと車を走らせて行ってみました。道の駅でも、通年に比べると高値ですが、スーパーよりはるかに格安でした。近くのスーパーではセロリ1茎100円以上でしたが、道の駅では1株300円程度で手に入りました。

地元の農家の方々が大切に育てた新鮮な野菜が、安価で購入でき、地産地消のありがたさを実感しました。

道の駅を利用した結果、予算をオーバーすることなく過ごすことが出来ました。

おすすめの記事