我が家の節約術です。夫婦ふたりで、当初5万円だった食費が3万くらいになりました。工夫次第で月に2万円くらいは節約できているかなと思います。

スポンサーリンク

缶詰の攻略法

まず、缶詰をフル活用しています。食費の節約になるだけでなく、添加物が多量に使われている加工食品よりずっと安全ですし、お魚などは調理済で缶詰されているので、とってもお手軽。料理の時短になるのもうれしいです。

我が家では、さばの味噌煮缶、しゃけの缶などは多用します。味噌汁にいれたり、しゃけ缶は炊き込みご飯にも使えます。

缶詰は手ごろな値段で売っています。2人分の量であれば200円くらいで十分買えます。おかずがひとりあたり100円で済むなんて助かります。

スポンサーリンク

食材ごとに見直し

我が家の朝ごはんは洋食なのですが、意外にお金がかかっていることがわかったので、野菜を見直しました。リーフレタスは使いやすかったのですが、何しろ600円もして高かったので、今は千切りキャベツを多用しています。千切りキャベツは足が早いですが、2日以内にたべればいいので、コンビニで100円で売っているカット野菜に切り替えました。

昼ご飯は、玄米と納豆ときめて外食はしないようにしています。栄養価を考えると白米より玄米を使いたいので、ここはこだわっているところです。

イタリアンのときは、パスタはサラダパスタを利用しています。安いですし、ゆで時間も少なくて済みます。

煮物は、味噌汁から中華味まで料理しますが、味が短時間でしみるように切り方を工夫してガス代を少しでも浮かせるようにしています。羅漢果という顆粒の自然甘味料を使うと味がしみこみやすく美味しく出来上がります。

味噌汁は、味噌汁専門の料理本をみているといろんなものを具に使っていたので、ベーコンや芽キャベツをいれてみたりアスパラをいれたりもしています。こうすると、これ自体がおかずになるので、おかずを別に作らないので意外に安く済みます。

アスパラなどは、冷凍野菜を活用しています。冷凍野菜はサトイモも重宝します。冷凍サトイモは煮るだけになっているので楽ですし、長期保存がきくので少しずつ使えば経済的になります。

洋食のときは、冷凍野菜のグリル焼野菜とアメリカ産牛肉で炒めて味付けすればいいので、お手軽で外国産牛肉の特売の時に作ればいいので、これも食費を少しでも浮かせるためにしています。

障害が自分にあるため、重い米やペットボトルの商品は家まで運んでもらえるネットスーパーを利用します。

特売商品があれば、そのときゲットして冷凍しておきます。冷凍庫を活用すれば、1パックのものを2つ小分けしてラップで包んで冷凍しておけば、2回分の食事で使えておトクな感じがします。

すぐ近所にある八百屋さんでは、すこし傷んだ品物を激安で売っているので、スーパーの半額で買うことができます。生野菜はそこで使う分だけ購入して、すぐ食べてしまうように使いわけています。

おすすめの記事